「県都大分のまちづくりビジョン」フォーラムPartII レポート・VRソフト

2010年02月23日(火)

    「県都大分のまちづくりビジョン」フォーラムPartII
         (大分の交通体系と大分駅南北都市軸を考える)
         
開催日時:平成22年 2月23日(火)13:00?15:30
場  所:大分全日空オアシスタワーホテル 5F 孔雀の間
主  催:県都大分のまちづくり実行委員会
共  催:大分県、大分市、大分商工会議所、大分経済同友会、大分青年会議所
     大分まちなか倶楽部
後  援:大分合同新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分
     OAB大分朝日放送、エフエム大分、大分大学、大分工業専門学校
事 務 局: 大分経済同友会

         - 次第 -

● 開会挨拶 大分商工会議所 副会頭
      県都大分のまちづくり実行委員会 委員長 矢野利幸
●第1部 基調講演とVRプレゼンテーション (60分)
・基調講演(仮)まちづくりビジョンに求められること 
       日本経済研究所専務理事 傍士銑太
・VRによる南北都市軸のプレゼンテーション
 VRを使って、現在の市内中心部と経済団体が考えたプランを見る
      都市環境デザイン会議 長濱龍一郎

● 第2部 シンポジウム
  パネルディスカッション      (90分 うち質疑15分)
   コーディネーター:大分大学学長     羽野 忠
   コメンティター:日本経済研究所専務理事 傍士銑太
   パネリスト:大分県企画振興部長     楢本穣司
         大分市副市長        久渡 晃
         (株)トキハ代表取締役社長 佐藤裕士
         JR九州常務取締役     田中章二

●閉会挨拶 大分経済同友会 代表幹事 高橋靖周





「県都大分のまちづくりビジョン」フォーラムPartIIの目的

平成22年度、大分市が大分駅の南北都市軸のプロポーザルを行います。
駅南のシンボルロードから大分駅、駅北の中央通りを、大分市内中心部都市軸の
デザインコンセプトやデザインイメージを決定することになっています。
また、鉄道の高架事業も順調に進み、今後、大分駅の再開発も本格化してきます。
文字通り、大分中心部の百年の計をたてる重要な時期にさしかかっています。

我々経済界がこの南北都市軸に望むことは、「産業が活性化しやすい」「人が
集まりやすい」「街なかを動きやすい」「回遊性を増す対策」などです。
人中心に整備をしてもらいたいのです。

今回のシンポジウムでは合意形成の道具としてVR(ヴァーチャルリアリティ)
を利用し大分の街中を再現しました。また、経済界の人たちや市民の人たちの意見
を聞きながらいろんなプランをつくってみました。これらのプランが完全とは思っ
ていません。これはあくまでタタキ台だと思っています。このVRを基礎資料とし
て現状の問題点や今後の予想される課題を検討してすばらしいプランをみんなで
つくりだせたらと思います。

またこのVRソフトは使用権フリーにします。市民、県民の皆さんにも街づくりに
興味を持ってもらい、VRを自由に使ってもらい、みなさんもまた素晴らしいプラン
を検討して頂きたいと思います。また関連する組織のみなさんもVRを合意形成
する為のツールとして活用してもらいたいと考えています。このVRが大分駅
南北軸の街づくりのプラットフォームになればありがたいです。




●県都大分のまちづくりビジョンフォーラムの記録

 大分経済同友会が作成したレポートはこちらからダウンロードしてください。



    
      
●VRのソフトはこちらからダウンロードしてください。

ZIP形式で圧縮しております。解凍してお使い下さい。

VRのマニュアルはこちら



今回の大分VRが、スムーズかつ精細に動作可能となるPCの推奨条件を下記のとおりです。

 CPU : Pentium4 - 2GHz 以上 メインメモリ : 2GB 以上(1GB必須)
 ビデオコントローラ:;nVidia Geforce8600もしくはATI RadeonHD2600相当以上
 OS:Windows2000/XP/VISTA /windows7
 ※とりわけ、「ビデオコントローラ(グラフィックチップ)」の部分が重要です。
001.jpg

ページの先頭へ