第31回西瀬戸経済同友会交流懇談会<開催地:松山市>

2013年07月05日(金)

 西瀬戸経済圏の大分・愛媛・広島・山口・福岡5県の経済同友会が交流を図る標記懇談会が、今年度は松山市で開催され当会からは11名が参加した。

 グローバル化が急速に進む現代、地域にあっても否応なく海外とのかかわりの中で生きていかざるを得ないと言える。様々な立場から国際交流に携わる方をお招きし、これからの国際交流の在り方について語り合う機会となった。

 基調講演では、愛媛大学の柳澤学長が「これからの国際交流はLocal to Local」と題し、地域の産学官がそれぞれの役割を果たしながら一体となって海外の地域の産学官と連携し、中央政府に依存しない地域独自の取組みで「有機的な連携システム」として機能する地域の国際化が推進されると語られた。実際に、愛媛大学の留学生の受入・派遣、学術交流協定締結校は年々拡大しており、インドネシアを例として国際的な地域間連携を具体的に説明された。

 さらに、インドネシア留学生の体験発表をお聞きし、企業の海外進出、外国人の雇用、グローバル人材の確保における課題を少しずつ解決し、よりよい国際連携を地域間で展開していこうとする愛媛県とインドネシアの実情を知ることができた。

 パネルディスカッション終了後は、懇親パーティーで交流を深めた。


●日 時  平成25年7月5日(金) 14:00~18:40

●場 所  松山全日空ホテル (愛媛県松山市)

●テーマ  「押し寄せるグローバル化の波、地域から世界へ」

●次 第  <開会>    開会挨拶  愛媛経済同友会 代表幹事  森 一哉  氏

       <基調講演> テーマ 「これからの国際交流はLocal to Local」

                 講 師  愛媛大学  学長  柳澤 康信 氏

       <体験発表> インドネシア留学生の体験発表

                 発表者  愛媛大学法文学研究科 アンワル・フィティヤニ氏

       <パネルディスカッション>

                テーマ「新たなビジネスチャンスを求めて海外へ」

                パネリスト 大分経済同友会 三和酒類㈱ 海外営業部課長 都甲 誠氏

                      福岡経済同友会 本多機工㈱ 代表取締役社長 龍造寺健介氏

                      山口経済同友会 宇部エムス(有) 

                             エムス代表、ジェネラルマネージャー コンラード・ペーター氏

                      広島経済同友会 白井汽船㈱ 代表取締役社長 吉田 豊氏 

                      愛媛経済同友会 芙蓉開運㈱ 代表取締役 野間 省一 氏

                コーディネーター

                      愛媛経済同友会 (有)松山ブライダルサービス 取締役 門田 洋子 氏

       <懇親会> 

 

●参加者  125名

 7(4).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

                     

ページの先頭へ